英国式リフレクソロジーとは
REFLEX(反射)+ OLOGY(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語) = リフレクソロジー(Reflexology)とは、反射療法とも呼ばれており
主に足の裏(あるいは手の平等)の特定部位を押すことによって起こる体の特定部位の変化を利用して身体が本来持つ自然治癒力を高めて、疲労回復や体質改善などをはかる療法をいいます。

マッサージや指圧とリフレクソロジーは似ていますが、マッサージはフランスが発祥であり、指圧は中国の経絡経穴思想などの影響をうけて日本で誕生した手技ですのでリフレクソロジーとは似て異なるものです。
リフレクソロジーといえば「足裏」がメインとなります。手や顔、耳にも反射区がありますが、一番効果的なのは足だといわれています。
何故なら、足は「第二の心臓」とも呼ばれており、心臓から最も遠い足裏を刺激することで、全身の血行も良くすることになるからです。
スポンサードリンク

指圧などは、特定の部位(反射区)を「ツボ」と表して、それを点(ポイント)としてとらえます。 リフレクソロジーは、反射区が身体の各部位に対応していることを表したフットチャート(足の地図・足裏反射区図)に基づいて 反射区を面(ゾーン)としてとらえているところに特徴があります。